恵梨香のアクビ

Birthday Party 2008 /1
08.3.2(Sun) 13:54
昨日の夜は、卿太さんのバースデーパーティをしました。
39回目のバースデーは明日なんですが、お休みにした方がいいよねってことで。少しの間、年の差が開いちゃうんですよね (^-^;
失敗もあったけど、楽しく過ごせた、かな。

でも不思議。
去年の今頃は高校の卒業式の直後、まだほのかな恋心が本物かどうかもわからなくて、「もう逢えなくなるのかな?」なんて、漠然と思っていたのに。
こんな風に、一緒に暮らしてるなんて思いもしなかったですね (*^-^*

さてさてまずは失敗談?からお話しましょう (^-^;
というか、いきなり失敗しちゃったんですよ。
バースデーケーキにと、
卿太さんの好きなシフォンケーキを作り始めたんだけど──

「どうしたの?」

メレンゲを泡立てながら、そう問いかけずにはいられない状況だったんです。だって、いつもご飯をつくってるときにはリビングのソファで本を読んだり、DVDを観たりしてるのに、なぜか今日に限って、キッチンのカウンターのちっちゃい椅子に座って、こっちを見てるんです。

「どうしたのって?」
「だって‥‥いつもみてないのに」
「そんなことないよ。いつもだってあっちからちらちら見てたよ」

そういいつつ、ソファに目をやる卿太さん。

「カウンターだと近いから‥‥」
「そんなに緊張する?」
「うん、緊張するよ」

わたしもつい手を止めて、ちょっと声音と表情を変えてみたけど、全然効果なし。

「ケーキってさ、どうやってつくるのかなって」

奥様は作らなかったの?
そう聞いてしまいそうで、慌てて目線を手元にずらし、泡立てを続けます。

ダメだな〜
素朴な疑問、というより、どちらかと言うと嫉妬心。
比べられてるんじゃ? なんて思ってしまうんです。比べるなんてこと、卿太さんがしないことぐらいわかってるのに。

自己嫌悪。
ついつい泡立てる手に力が入ってしまいます。

「泡立て器、使わないの?」
「最初と最後は手でやるのがコツなんですよ」
「ふーん、そうなんだ」

わたしは泡立て器のコンセントを差し込みながら、興味深そうに見ている卿太さんが、なんだか子供っぽくみえて、気持ちが紛れていきます。と同時に、見られてる緊張感が戻ってきました。


[ コメントを書く | コメントを読む ]


[18禁広告]
素人投稿ムービー
前>
戻る
ゲストブック
トップ
(C)萌木ケイ