ゲストブック
ちょっと聞いて(体験談)
***書込

大人っぽい子4/J
11.7.3(Sun) 21:27
意を決した僕は、カナにキスした。カナは目を閉じて応じていたが、僕が唇を離そうとすると首に手を回し、抱きついて舌を入れてきた。 以前付き合っていた先生に教わったんだろうか…僕は舌を絡ませていた。お互いの唾液が混じり合って水っぽい音が鳴る。口を離すと唾が糸を引き、トロンとした顔でカナは僕を見つめる。小5の癖に大人びた顔。僕が「約束…」と言いかけると、今度はカナの方からキスしてくる。僕は小学生だという躊躇いが段々と薄れていき、ほんのり褐色を帯びた細長いカナの生脚を触って撫で回す。ツルツルしていて感触が良い。少しだけ膨らんだ胸元にも手を伸ばすが抵抗しない。カナは僕の舌を捕まえて、絶えず唾液を流し込んでくる。僕は胸から生脚を触るのを繰り返していたけど、口を離して囁く「何で嫌がんないの?」カナは「触られた事あるから。」と答えた。既に固くなりかけの股間にカナの指を這わさせ「見た事ある?」と聞くとカナは頷いた。完全にタガが外れた僕は、カナの顔の前で仁王立ちになるとズボンとパンツを下ろしてカナの手を取り、半だち状態のペニスをしごかせる。益々固く大きくなり、カナは「大きい」と呟く。僕が「先生より?」と聞くと、また頷いた。確信を抱きながら「おチンチン舐めた事ある?」と聞くと、カナは可愛い顔で僕を見つめて頷く。「舐めて。」と促すとカナは小さな口を目一杯開いて、ペニスを飲み込む。でも全部は入らない。唾を溢れさせて、舌を動かし、可愛い顔を動かしてペニスを擦りたてる。入りきらない部分は手で刺激する。 時折くわえるのを止めて、先端を手で上下させて、根元に舌を這わせたり、裏側を舌で上下させたりする。(凄い教え込まれてる…)小5の女の子にフェラさせながら、そんな事を思っていると、カナは僕を見つめながら くわえた部分を激しく擦りたてる。粘膜に包まれて、ペニスが一層硬さを増し快感が走る。思わず「イキそう」と呟くとカナは時折、顔を捻るようにしながら絶え間ない刺激を送り、粘膜に包まれながら激しく擦られたペニスは限界を迎える。快感に耐えられない僕は「出るよ。カナ」と言うとカナは口を外して手で激しく扱きたてた。先端から白濁色の精子が勢いよく飛び出し床を汚すと、勢いを失っても放出を続ける精子はカナの太ももにも飛んだ。微笑んで「かかっちゃった」と言うカナ。薄い褐色の美脚と精子のコントラストがいやらしく、立ち上がってティッシュで拭き取り「またしようね」とカナは笑った


[18禁広告]
素人投稿ムービー
<次  前>
戻る
//////?
トップ
(C)萌木ケイ