名前を呼ぼう
matthew・作
ある事件がきっかけで付き合うようになった直也とあきら。それでもどこか余所余所しいのはなぜだろう? もう一歩踏み込まなくては、ここから先に進めない。

第1回 (9P)
第2回 (11P)

★評価する
★コメントを読む



から

投稿作品
ゲストブック