他サイト新作小説のご紹介
***書込

ひとみの内緒話 <削> 17.10.19 13:31
『自宅で一人のときなら、どんな大胆なことでもできます「独り暮らしと私」』(フェチ・特殊) 第4章 第7節をアップしました
私の数あるヘンタイ性癖のひとつに、びしょ濡れ願望、というのがあります。中学の頃、不意のしのつく雨に打たれ、制服のブラウスがびしょ濡れになって、くっきり透けたブラジャー姿を町の見知らぬ人たちに視られて、

ひとみの内緒話 <削> 17.10.18 20:25
『長篇官能私小説「淫妻・麻紗美 第1話」』(恋愛・不倫) 第3章第3節をアップしました
瑠里子は伏せていた枕から顔を上げて母の顔を見た。娘が思ったよりもまだ少女の面影を残していることを、改めて知った。娘は身体を起こすと、母親の胸に頬を寄せた。麻紗美はその華奢な身体をしっかりと抱きしめた。

ひとみの内緒話 <削> 17.10.18 13:35
『薄幸の女子高生ひとみ、叔父の愛を得ようと身体を……「なごり雪」』(恋愛・不倫) 第4章第3節をアップしました
シーツを抱きかかえるようにして部屋を出ようとした。ベッドの脇に自分のパジャマがある。そっと拾い上げた。「そうだ。今夜からお前は家の中では服を着る必要はないぞ」「え?」「家の中では裸で過ごせって言うんだ

Mikiko's Room <削> 17.10.18 7:35
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2371★』(同性愛) Mikiko
「路上でやるわけ? やる前に逮捕されるでしょ」「時間が止まります」「止まったら何も起きないじゃない」「ボクだけ動けるんです」「呆れた。ご都合主義の局地ね。ま、それがオナニーの特権っちゃ特権だけど」

ひとみの内緒話 <削> 17.10.17 20:33
『容赦ない性奴隷調教「狙われた美姉妹 IX」』(SM・羞恥) 第1章第6節をアップしました
恵利香のすっかり貪欲になった体は絶頂に到達してくれなかった。そう言えばクリの擦れるオナニーまがいの歩行もアクメは訪れなかった。通勤通学の人でごった返す路上で超ミニスカでパンツの喰い込む股間を押し付け

ひとみの内緒話 <削> 17.10.17 13:31
『ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」』(ファンタジー) 第5章 第5節をアップしました
モロイたちは声もなく、ぎくしゃくとミアに近付いてくる。何を思うのか、ミアはまるで詫びるように―それとも黙祷するかのように、うつむいた。その瞬間―モロイたちが跳躍する。「ミア!」知らないうちに叫んでいた

ひとみの内緒話 <削> 17.10.16 13:29
『ラブホでJAFを呼んでしまった恥ずかしい話』(恋愛・不倫) 第1節をアップしました
「おなか空いちゃった〜」奈々子がそう呟きながらショルダーバッグを肩に掛け、クルマから下りた。僕はエンジンを切りながら窓の外に見える奈々子の下半身を見つめた。ミニスカートから覗くスラリと長い脚がまぶしい

Mikiko's Room <削> 17.10.16 7:29
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2370★』(同性愛) Mikiko
「先輩、すっかり惚れられちゃいましたよ。ほんとにいい加減なやつ。ナナミちゃんはどうするのよ?」「どうもしてないよ」「したじゃない。靴の中に、射精。まずは、ナナミちゃんに謝るのが先ね」

ひとみの内緒話 <削> 17.10.15 12:34
『わたしは大好きなあの人と結ばれたいの。お洒落なホテルの一室で・・・「時を巡る少女」』(恋愛・不倫) 第2章 第1節をアップしました
美桜はもう一度寝そべっていた。ダブルベッドの端に乗せられた頭が「うーん」と唸って、それを少しの間だけ眺める。そしていがらくなった喉を整えるように、喉元に手を当てると、優しくおしとやかに…「キスして…

Mikiko's Room <削> 17.10.15 8:24
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2369★』(同性愛) Mikiko
「こんな説教されてるのに、勃てたまんまなんですよ。しかも、ビクビク脈打たせて」確かに、Tシャツの裾の下、無毛の下腹部から起ちあがった陰茎は、天を指して振れていた。「こいつ、M男くんなんです」

ひとみの内緒話 <削> 17.10.14 10:07
『可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」』(恋愛・不倫) 第12章 第11節をアップしました
仁は肉棒で唇をなぞった。「ガタガタ言うんじゃない。俺を喜ばせるって言っただろう?」少し口調を荒くする。弾かれたように杏樹は身体を震わせ口を開いた。仁はその口に肉棒を押し込んだ。ぐいぐいと押し広げながら

Mikiko's Room <削> 17.10.14 7:35
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2368★』(同性愛) Mikiko
歩は、顔を歪めて泣いていた。「あの後、わたしが拭いたんだからね、ナナミちゃんの靴。あんたは、ナナミちゃんの靴下に自分の精液が着いてほしかったんだろうけど。こいつ、ほんと将来が心配ですよ」

ひとみの内緒話 <削> 17.10.13 19:53
『自宅で一人のときなら、どんな大胆なことでもできます「独り暮らしと私」』(フェチ・特殊) 第4章 第6節をアップしました
ブラシで壁を磨きスポンジで浴槽を磨き、デッキブラシで床を磨き、排水溝のゴミを取り除き…裸ですからどんなに水しぶきが跳んでもへっちゃら。ときどきシャワーで洗剤を流しつつ、しばらく夢中で働きました。

ひとみの内緒話 <削> 17.10.13 7:46
『ちょっぴりエッチでラヴラヴな官能ノンフィクション「あんなの日記」』(恋愛・不倫) 第43話をアップしました
「まだ服着ちゃダメ?」「ダメです!せっかくキレイなのに…」と言って、服を着させてくれません。そして「あんなさんの裸、撮らせてもらえませんか?」って。「えぇ〜っ!?撮ってどうすんの?」「見るんです。」

Mikiko's Room <削> 17.10.13 7:26
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2367★』(同性愛) Mikiko
「何とも思ってないんでしょ?」「それとこれとは別だよ! そんな写真、誰にだって送られたくないだろ!」「そうなの? ひょっとしたらナナミちゃん、これ見ながらオナニーしてくれるかも」「しないよ!」


[広告]
DMM.ADULT DVD通販
次の15件
トップ