他サイト新作小説のご紹介
***書込

ひとみの内緒話 <削> 18.2.19 13:11
『可憐な女子高生の大冒険「恋の奴隷」』(恋愛・不倫) 第14章第3節をアップしました
仁は杏樹を引きずるようにして部屋に向かった。「あの2人の事に首を突っ込んではいけないと言わなかったか?」杏樹を解放し、仁は軽く腕を組んだ格好で睨らんだ。本当に怒っている訳ではない。お仕置きする為の準備

Mikiko's Room <削> 18.2.19 7:45
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2460★』(同性愛) Mikiko
アイボリーの空が見えた。いや……。空ではなかった。そうだ。ここは、エクササイズスタジオのシャワールームだ。アイボリー色の天井を眺めているのだ。背中に床を感じた。仰臥していた。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.18 20:24
『魔爪が抵抗派の女たちに迫る「secret police 海猫 3」』(SM・羞恥) 第3章 第3節をアップしました
吉崎は命じたが、彩はデク人形のままなのでフックの痕も生々しい鼻をピッとつまみあげた。息苦しさが彼女を正気に戻した。「いや…鼻には触らないで」とかすれた声で訴える。観念し舌をバリウム色の付着した唇から

ひとみの内緒話 <削> 18.2.18 13:06
『わたしは大好きなあの人と結ばれたいの。お洒落なホテルの一室で・・・「時を巡る少女」』(恋愛・不倫) 第12章 第1節をアップしました
「ふふ、恥ずかしい処って?ここかな、美桜?」「んふぅ、そう…そこぉ、美桜のとってもいやらしい処…オマ〇コ」その単語を声にした瞬間、美桜の股間がジュンと疼いた。翔吾に訊かれて、割れ目の縁に指を当てられて

Mikiko's Room <削> 18.2.18 8:17
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2459★』(同性愛) Mikiko
万里亜の手の平が裏返った。そのまま、ゆっくりと下降する。着陸地を探すドローンのようだった。「あひぃ」ドローンが過たず着地したのは……。美弥子の陰核だった。そこは、さっきから恥ずかしいほど勃起していた。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.17 19:57
『ハードSM小説「鮮血の日記 2」』(SM・羞恥) 第12話 第7節をアップしました
「だからミレニア様としては、一度始めてしまった以上は最後までやらなくちゃいけない、ってことになるわけですよ。本人が好む好まざるに関わらず、ね」プラムの言葉に、ソフィーヤが視線を落とす。「それは確かに…

ひとみの内緒話 <削> 18.2.17 13:05
『ちょっぴりエッチでラヴラヴな官能ノンフィクション「あんなの日記」』(恋愛・不倫) 第59話をアップしました
クリスマスイブにケガをして、私の年末年始は最悪でした。姫初めは先週の新年会の日にKくんと。恒例の泊まりの新年会。傷に障るからと、私は宴会で一滴も呑まずにいました。Kクンは相変わらず呑んでいましたが…

Mikiko's Room <削> 18.2.17 8:05
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2458★』(同性愛) Mikiko
「ほら、入った。どう?」奇妙な景色だった。亜衣の手の平は、完全に膣内に埋もれていた。美弥子の膣口から、手首が生えているように見える。「亜衣ちゃん、始めて。浅めにね」亜衣の腕が、前後に動き始めた。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.16 13:32
『自宅で一人のときなら、どんな大胆なことでもできます「独り暮らしと私」』(フェチ・特殊) 第6章 第2節をアップしました
さっきまでとは比べものにならないほど強烈な水圧が私の中に侵入してきました。ワレメを強引に押し開き、中の唇と粘膜を激しく蹂躙してくる凶暴なお水。思わず腰をくねらせると、水流が腰からはずれ真下から私の喉元

Mikiko's Room <削> 18.2.16 7:35
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2457★』(同性愛) Mikiko
「どう? あのディルドゥの亀頭と、ほとんど同じくらいでしょ」亀頭だけではない。細い前腕は、あのディルドゥの陰茎とそっくりなフォルムだった。「はい。力を抜いて」再び万里亜の指が始動した。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.15 19:50
『妖魔に係わる淫靡なファンタジー「巡査長 美咲」』(恋愛・不倫) 第5章 第3節をアップしました
「そけいぶ?そけいぶって何処よ?」「恥ずかしいから、あまりでかい声で聞くな。“おそそ”近辺のことだよ」「“おそそ”ってなに?」「おまたの中心部!」美咲は聞いたものの、赤面して机に顔を隠した。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.15 13:08
『薄幸の女子高生ひとみ、叔父の愛を得ようと身体を……「なごり雪」』(恋愛・不倫) 第6章 第2節をアップしました
その言葉でひとみにも世話役の言わんとする意味が理解できた。自分の身体の中にこの生き物を入りこませようと考えているらしい。「いやだ…そんな事」小さく首を横に振るが、男達がそんな事で許してくれる筈はない。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.14 13:05
『ちょっとハードな伝奇ノベルス「Night Walkers 1 夜行/百鬼」』(ファンタジー) 第7章 第8節をアップしました
「そうですか」「がっかりした?」綺羅がどんな表情をして言いか分からないといったような顔で緑郎の顔を見つめる。しかし緑郎は全くいつも通りの表情で、そんな綺羅の視線を受け止めていた。「で、どーすんのかにゃ

Mikiko's Room <削> 18.2.14 6:31
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2456★』(同性愛) Mikiko
「こっちの脚も」「あ」美弥子の尻が濡れた床材を滑り、尾てい骨まで捲れあがった。あまりにもあられもない姿だった。亜衣からは、肛門まで見えているだろう。しかし、美弥子は抗おうとはしなかった。

ひとみの内緒話 <削> 18.2.13 20:06
『息を吞むほどの美少女剣士がむくつけき山賊に捕らえられ…「女武者受難」』(恋愛・不倫) 第14節をアップしました
傷は長時間緊縛による手足の傷や打撲など数か所に及んだが、幸いにも軽いものであった。佐助は薬を塗り終えると神妙な表情でありさに尋ねた。「ありさ様、お怪我のあった箇所への塗布は終わりましたが、あと一か所」


[広告]
DMM.comモバイル DVD&CDレンタル
次の15件
トップ