愛と官能の美学 <削>
18.12.19 9:25
『淫獣の住む館』 第2話「脅迫」  赤星直也 作
SM・羞恥
になると「コン、コン!」ドアをノックする音がする。「どなたですか?」福島が声を掛けると「永井です。ちょっとお願いがありまして」「今開けます」(来たな。今夜は楽しめるぞ)笑顔になってドアを開けた。

Mikiko's Room <削>
18.12.19 7:24
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2676★』 Mikiko
同性愛
女子工員は、一瞬で硬直しました。「がが。がが」薄い腹筋に、筋肉が浮き出るほど激しく痙攣すると……。その身体から、骨が抜けたように力が失せました。そのまま、スライムみたいにマットに沈んでいきました。

愛と官能の美学 <削>
18.12.18 22:05
『私はパパの性奴隷♡』 第7話 「コスプレオナニー撮影会(1)」  二次元世界の調教師 作
SM・羞恥
「そうでしょう。だけど春香ちゃんはパンツが気に入らないみたいでね。ユウ君、悪いけどセクシー下着のコーナーから、なるべくエロエロなパンツを何枚か取って来てくれませんか」「了解っす!」

羞恥の風 <削>
18.12.18 20:42
『全ての者に愛の手を 第8章(4)』 ひとみの内緒話 ふるふる様作
SM・羞恥
カチッ更に振動が強くなるローター。二人の顔が青ざめてきた。全身の体温が下がり鳥肌が立ち始める。

愛と官能の美学 <削>
18.12.17 11:16
『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第16話 「ゴスロリ少女の手慰み」 とっきーさっきー 作 
ファンタジー
妖しい水音がした。陶磁器を思わせる指先が無毛な股間を撫でる。伸びては曲げて、自在に変化する指のタッチは、少女の割れ目のラインをなぞり、甘い蜜に浸された恥肉の壁を優しくこじ開ける。

Mikiko's Room <削>
18.12.17 7:23
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2675★』 Mikiko
同性愛
わたしは、女子工員のクリトリスを、子供が消しゴムを目一杯使うほどに捻りこみました。「はひぃぃ」女子工員は、大きく口を開けました。股間の刺激に反応したのでしょうが……。

愛と官能の美学 <削>
18.12.16 17:31
『あや☆キック・オフ(新規)』 第1話「初デートはまさかの一泊旅行」 Shyrock 作
恋愛・不倫
「せんぱい〜〜〜」「あや、ベッドに入ってまでその先輩って呼び方はやめてくれよ〜」「あっ、ごめんなさい!つい口癖が出ちゃって。じゃあ、改めて、中岡さ〜ん」

Mikiko's Room <削>
18.12.16 7:47
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2674★』 Mikiko
同性愛
女子工員が、懸命に首を擡げます。「出る! 出る! あがっ」彼氏の上体が、銃弾に撃たれたように跳ねました。「あがっ。あががっ。ががっ。が」計5発の銃弾に貫かれ……。

愛と官能の美学 <削>
18.12.15 15:25
『みきの告白(改)』 (寝取らせ、3P)後編 Shyrock作
フェチ・特殊
 浜田君は一気に根本まで自分のモノを突き込むと、私に覆い被さってしばらく首筋を舐めたり、背中に指を這わせたりして、私の中の感触を楽しんでるみたいでした。「う……うそつき……ぃ……っ……ひどい……

Mikiko's Room <削>
18.12.15 8:07
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2673★』 Mikiko
同性愛
わたしと女子工員は座ってるので、ベランダ柵のシートに隠れ、外からはまったく見えません。このベランダで見えるのは、柵に凭れる彼氏の背中から上だけです。その彼氏は、かなり辛そうな表情になってました。

愛と官能の美学 <削>
18.12.14 8:46
『時遊人倶楽部』 第30話「ワインのつまみ」時遊人 優 作
フェチ・特殊
「それでは、ワインと共に本日のディナーをお楽しみ下さい。先ずは髪の毛。くじの順番では佐藤様ですね。髪の毛を纏めているネットの中にチーズが仕込んでありますから、絞り出すなり、齧り付くなり

Mikiko's Room <削>
18.12.14 7:25
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2672★』 Mikiko
同性愛
道理で、さっき女子工員がわたしの後ろを回ったとき、尻に感じた布地の感触がジーンズとは違ってました。ということは、早い話タイツのようなものですから……。そのまま引き下ろせるはずです。

羞恥の風 <削>
18.12.13 21:02
『ありさ ミラホスタの夢 第25話』 愛と官能の美学 Shyrock様作
恋愛・不倫
朝食が済み化粧も終えたありさに、ついに例のポケット付きGストリングスショーツを穿く時がやってきた。シャイがポケット部分にピンクローターをそっと挿し込み、ショーツをありさに手渡した。

羞恥の風 <削>
18.12.12 20:45
『姉弟とその娘 第6話』 未知の星 赤星直也様作
恋愛・不倫
「いいわよ、欣也に抱かれたいの」2人は抱き合ったままベッドに倒れた。欣也は、俊子の服を優しく脱がしていく。

愛と官能の美学 <削>
18.12.12 18:54
『白雪百合』 (キーワード:ライトホラー・レズ・女教師・下僕)後編(2) M・Y 作 
フェチ・特殊
 いつの間にか気を失っていた。 あのままディルドゥと指で何度もいかされ、百合子は悲鳴をあげて何度となく失神した。 だがすぐに起こされ、尻を叩かれ、アナルまで弄られた。

愛と官能の美学 <削>
18.12.12 11:26
『淫獣の住む館(新規)』 (キーワード:凌辱、羞恥、盗撮) 第1話「隠し撮り」  赤星直也 作
フェチ・特殊
「また始まったか。盛りがついた猫みたいだな…」狭いアパートの部屋で、まだ若い男性が目を覚ました。男性の名は福島政則といい、大学3年生で、大学に合格したと同時にここに住み付いている。

Mikiko's Room <削>
18.12.12 7:24
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2671★』 Mikiko
同性愛
わたしは、うずくまる志津子のタンクトップを引きあげました。「フェラして」志津子は、わたしのをしゃぶるんだと思ったのでしょう、こちらを向こうとしました。わたしはその肩を押さえ、彼氏の股間を指さしました。

羞恥の風 <削>
18.12.11 21:04
『全ての者に愛の手を 第8章(3)』 ひとみの内緒話 ふるふる様作
SM・羞恥
俺は二人のクリ○リスにローターをつけテープで固定した。「楽しめ。体の芯がホットになるくらいに振動させてやるから。」

愛と官能の美学 <削>
18.12.10 21:56
『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第15話 「肉棒を手コキして、花弁を弄られて」 とっきーさっきー 作 
ファンタジー

愛と官能の美学 <削>
18.12.10 7:40
『私はパパの性奴隷♡』 第6話 「パパの絶頂指導とオナニー訓練(3)」  二次元世界の調教師 作
SM・羞恥
「気持ちいい〜っ! パパ、パパ、いいよお〜っ!」「クリちゃんの皮をめくって、しっかりまぶすように塗るんだよ」

Mikiko's Room <削>
18.12.10 7:28
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2670★』 Mikiko
同性愛
志津子はようやく、観客の存在に気づいたようでした。「ほら、お客さんが来たぞ」「ひぃぃぃ。見ないでぇ」そう言いながらも、自らの痴態を隠そうとする素振りは、まったく窺えませんでした。

新・SM小説書庫2 <削>
18.12.9 14:33
『悪夢の特待生契約』 二次元世界の調教師
SM・羞恥
お世話になります。「新・SM小説書庫2」管理人二次元世界の調教師です。「悪夢の特待生契約」86.アナルの良さに目覚めた変態母を二穴調教 更新しました

愛と官能の美学 <削>
18.12.9 11:27
『みきの告白(改)』 (寝取らせ、3P)前編 Shyrock作
フェチ・特殊
 その先生、すごく優しいんですが、「超」が付くほどエッチなんです。 でも会うたびにどんどん惹かれていき、もうどうにもならないほど好きになってしまったみたいです。

Mikiko's Room <削>
18.12.9 7:40
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2669★』 Mikiko
同性愛
わたしと一緒にいるときも玄関の鍵を閉めないのは……。男とそういう関係にあることを、誰かに見せたいという心理もあるんじゃないでしょうか。わたしにはちゃんと男がいて、セックスもしてるのよって。

Mikiko's Room <削>
18.12.8 7:59
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2668★』 Mikiko
同性愛
おそらく、隣も窓を開けてたのでしょう。で、ベランダから志津子のただならぬ声が聞こえてきた。後で聞いたら、DVかと思ったそうです。でも、そこで目にしたのは、虐待の場面ではなく……。

愛と官能の美学 <削>
18.12.7 18:56
『罠に落ちた人妻(完結)』 第15話(完結)「夫の帰国と露出」  赤星直也 作
SM・羞恥
絨毛も大部伸びて、淫裂を包んでいる。「綺麗だよ、美紀。今度は屋外で撮りたいな」「いいわよ、孝夫さんが望むならヌードになる」

愛と官能の美学 <削>
18.12.7 15:20
『時遊人倶楽部』 第29話「遊戯開始」時遊人 優 作
フェチ・特殊
悲しげな顔で目を軽く瞑り、今の状況に耐えているという感じの美香。閉じた瞼は、仕事用に施されているダークグレーのアイシャドウ全体を三人の前に見せ、ラメを煌めかせている。

Mikiko's Room <削>
18.12.7 7:23
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2667★』 Mikiko
同性愛
で、ある日のことです。その日は祝日で、工場も全員休みなのか……。隣室からは、工員カップルの声が聞こえてました。もちろん、普通の話し声も聞こえましたが……。それ以外の声のときもありました。

羞恥の風 <削>
18.12.6 21:01
『ありさ ミラホスタの夢 第24話』 愛と官能の美学 Shyrock様作
恋愛・不倫
肉棒が膣奥に突き当たると、これ以上突くと快感どころかありさが痛がると判断したシャイは、動きをグラインドに切り替えた。

愛と官能の美学 <削>
18.12.5 21:44
『妹の甘い蜜(完結)』 (近親相姦) 第3章「妹の蜜」 はるき 作
恋愛・不倫
 妹のクリトリスの感度は最高のようだ。指が少し当たるだけで腰がくねり、身体全体ががビクンビクンと反応している。「う、うぅぅ・・・だめ、気持ちいい・・・」

羞恥の風 <削>
18.12.5 10:18
『姉弟とその娘 第5話』 未知の星 赤星直也様作
恋愛・不倫
 俊子は下着を着けていないから、直ぐに全裸になったが、白い乳房と黒い絨毛が対照的だ。「綺麗だ、撮るからね」カメラのスイッチを押していく。

愛と官能の美学 <削>
18.12.5 10:10
『白雪百合』 (キーワード:ライトホラー・レズ・女教師・下僕)後編(1) M・Y 作
フェチ・特殊
「…ふん。まぁいいだろ。さっさと服脱いでケツ向けろ」「はっ、ハイッ…」 慌てながらも、百合子は衣服をぬぎすてる。

Mikiko's Room <削>
18.12.5 7:24
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2666★』 Mikiko
同性愛
その憧れの体位が志津子とでは出来たんです。わたしと志津子の場合は、下半身には何も着けず、丸裸でした。上は、わたしは普通のポロシャツ。カッターシャツだと裾が邪魔だし、お尻が隠れるので気分がイマイチです。

愛と官能の美学 <削>
18.12.4 21:29
『イヴ 桃ざらし(改)(完結)』 (キーワード:ファンタジー・SM・羞恥)第12話「三人の騎士」 Shyrock作
SM・羞恥

羞恥の風 <削>
18.12.4 20:24
『全ての者に愛の手を 第8章(2)』 ひとみの内緒話 ふるふる様作
SM・羞恥
「いい子だ。スイッチを入れてやるよ。」カチッカチチチッ。持っていたリモコンをONにし、パワーをいきなり最強にする。

愛と官能の美学 <削>
18.12.3 21:18
『私はパパの性奴隷♡』 第5話 「パパの絶頂指導とオナニー訓練(2)」  二次元世界の調教師 作
SM・羞恥
強力媚薬塗れの卵形ローターをワレメの中に入れられた私は、お仕置きで与えられる振動が欲しくて欲しくてムネとオシリをガクガクと揺さぶってしまい、とても勉強どころではありませんでした。

愛と官能の美学 <削>
18.12.3 11:13
『時を巡る少女〜アナタのためならエッチな女の子になります』 第14話 「生への願いを股間に感じて」 とっきーさっきー 作 
ファンタジー
「ふ〜ん。生き返って、今度こそセックスするってこと?」「はい、翔くんの……オ、オチンチンに、美桜の……オ、オマンコを突いてもらって、処女を捧げます」美桜は懇願していた。

Mikiko's Room <削>
18.12.3 7:34
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2665★』 Mikiko
同性愛
そんなある日。隣室の工員カップルとわれわれは、一線を越えることとなりました。きっかけは、ベランダです。志津子のアパートのベランダは、郊外の田んぼから流れて来る排水路に面してました。

Mikiko's Room <削>
18.12.2 7:51
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2664★』 Mikiko
同性愛
このときから、わたしと志津子のセックス三昧の日々が始まりました。昔の言いようですが、いわゆる“ただれた生活"というやつです。夜はたいてい、どちらかのアパートに泊まりました。

長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2663★ <削>
18.12.1 7:58
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2663★』 Mikiko
同性愛
志津子の両脚が、腰を挟みこむのがわかりました。パンの塊を呑みこむと同時に、腰を蠕動させます。恥骨に感じる陰核を潰しながら引き回しました。志津子に腰を挟まれてるので、ピストンは出来ません。

愛と官能の美学 <削>
18.11.30 20:15
『時遊人倶楽部』 (フェチ・羞恥・サスペンス・時空)第28話「ドッキング」時遊人 優 作
フェチ・特殊

愛と官能の美学 <削>
18.11.30 9:09
『罠に落ちた人妻』 (キーワード:若妻・不倫・掛罠・露出・ホスト依存) 第14話「売春と秘密クラブ」  赤星直也 作
SM・羞恥

Mikiko's Room <削>
18.11.30 7:23
『長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2662★』 Mikiko
同性愛
2人はときどき目を合わせながら、サンドイッチを頬張りました。初老に近い男女が全裸で並んでサンドイッチを食べてるんです。見られたものじゃないでしょうね。でも、2人は2人だけの世界に浸り、幸せ一杯でした。

羞恥の風 <削>
18.11.29 21:38
『ありさ ミラホスタの夢 第23話』 愛と官能の美学 Shyrock様作
恋愛・不倫
シャイはありさの足をひじ掛けから下ろさせ、腿の内側から裏腿に腕を回し挿入しやすい態勢をとった。たっぷりとクンニリングスを受けた箇所が、朝露に濡れた花弁のように光っている。